img_article_pasmo

PASMO(パスモ)、何枚も持ってない?払い戻しですっきり〜

こんにちは、ハイツです。

ブログビギナーとして、もうひとつやりたいことが叶いました。

でましたね、ライフハック系の記事。

要するに、生活の役に立ちそうなちょっとした知識のことですね。

今回は無理やりねじ込んだ感が否めないですが、ライフハック記事デビューしてみようとおもいます。

みなさんあれじゃないですか?

PASMOめっちゃ持ってないですか?

僕はめっちゃ持ってるんですよね。

電車乗るときについ忘れちゃったりして、切符買うのはなんかめんどくさいのでパスモをいちいち作っちゃうんですけど、その結果財布に3枚、家にも4、5枚みたいな謎のパスモ飽和が起きています。(パスモ飽和)

今日も電車に乗る用事があったので乗ったのですが、いつも通りどっちのパスモにいくら入ってるんだっけ…というパスモトラップが発動されまして。

そういえば駅員さんに言えば払い戻しができるという話をどっかで聞いたな〜と!聞いてみようと!

駅員さ〜〜〜ん

30秒くらいで払い戻しをしてくれました。

無記名PASMOの場合は、残りの残高とデポジット500円が返ってきます。

PASMOの払い戻しができる場所

基本的にPASMOエリアの駅やバス営業所等の駅員さんに言えば払い戻しの処理をしてくださいます。

無記名PASMOの場合はPASMOだけで、定期券付きのPASMOの場合はパスポートや運転免許証などの公的証明書を一緒に持っていく必要があります。

お財布や本棚に散らかったPASMOを払い戻しして、すっきりしましょう〜〜!

おすすめの定期ケース

パスケース持ち歩けば解決するな…

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でハイツをフォローしよう!

Pocket